スキル不足でもフリーランスになれるの?という疑問に答える

最新の技術についていくことは誰にとっても大変なこと

スキル不足でもフリーランスになれるの?大切なことは仕事への情熱最新の技術についていくことは誰にとっても大変なこと

最新の技術についていくことは誰にとっても大変なことです。
遠慮しないで自分の方からどんどん行っていく、スキル不足でもチームの一員だという責任感は欠かせません。
経験者だけが率先してやれば良いという考え方は、よくないからです。
後輩や新入りは口出しすべきでないという、日本独特の風潮があるかもしれません。
空気を読むことは必要ですが、進んで仕事を行う態度は不可欠です。
一つ一つ指示がないと動けない人は、面倒くさいと思われることもあります。
別の点は自分の現在の能力を正直に評価することです。
以前ある案件の依頼があったときに、かなりの時間束縛されることがわかりました。
常にデバイスをチェックし、連絡することが必要で待機していてほしいというものです。
拘束時間が長い上に単価は非常に安いため、割にあいませんでした。
経験値を増やすという意味では、価値があったかもしれません。
とはいえ現実的な判断は欠かせません。
最低賃金を大幅に下回っていました。
生活のために仕事をするわけですから、ある程度の効率は必要です。
反対に自分の能力や持ち時間をはるかに超えた案件は、避けた方が無難です。
できもしないことを引き受けると信用を失うことにもなりかねません。
以前ある企業の同時通訳の依頼がありました。
専門用語がたくさん出てくることを考えると、その場で正確に通訳できる自信はありませんでした。
仮に自分の通訳が適切でない場合、誤解や損失を生じさせる事もあり得ます。
自分のスキルにあった案件を引き受けることは大事です。

スキル不足でもフリーランスになれるの?スキル不足でもフリーランスエンジニアになれる